2009/01/13

【Australia】ハミルトン島(オーストラリアは人手不足)

1/8から12日までオーストラリアのハミルトン島という島でのんびりしていました。日本からはケアンズで乗り換えて1時間程度。グレートバリアリーフの玄関口のようなリゾート島です。ダイビングは雨季のためか波が荒れて透明度が悪く、視界1,2メートルという状態でした。風のためにグレートバリアリーフでのダイビングはできず、ハミルトン島から船で1時間程度のところでのダイブです。のんびりするのが目的でしたからそれはそれで良いのですが、少し驚いたのは日本と違いオーストラリアは人手不足のようで、時間給20ドル(オーストラリアドル)の仕事は普通にごろごろしています。テレビ宣伝でも鉱山労働者募集(年収1,000万ぐらい?)など一次産業の募集が盛んで、日本の派遣切りの報道とはえらい違いです。移民がどんどん増えていますが、理由のひとつに移民しても年金は自分で支払った分は元の国に戻っても100%帰ってくるからだそうです。英語が得意な人にはいいところかも知れませんね。ハミルトン島は島の管理人を900万円/半年で募集中

今回の旅はケアンズまでの帰りの飛行機が嵐のために遅れてしまい、融通の利かない格安航空会社のJetStar(以前はケアンズ-成田はJALとカンタスと共同運航だったが今はJetStarのみ)は搭乗できず、カンタス航空でケアンズからブリスベン、そこで乗り継ぎシドニーへ、そして成田へと12日の夜に帰国する予定が13日の朝6時に成田到着。タクシーで自宅に行き、シャワー、朝食、着替えて会社へと24時間の飛行機の旅でした。無事13日(火)から仕事ができてよかったのですが、ちょっと疲れているので、今晩のアラビア語はお休みをいただきます。次回は20日の火曜日pm8:00から新宿アラビア語教室です。

0 件のコメント:

コメントを投稿