2009/02/23

【Fishing】アジ釣りとデセンター

2/21日は金沢八景から東京湾に行きアジ釣り(ライトタックル)に行きました。釣果は27匹、イシモチが5匹にアジが22匹です。カワハギシロギス、アジと海釣りはなかなか楽しいです。いつもは東大井から船で1時間の三浦半島と房総半島の間で釣りますが、今回は金沢八景までレンタカーで行きそこから10分で同じ場所まで付きました。東大井からは1日コースしかありませんが、金沢八景や千葉からは半日コースの船が出ています。帰りに三浦半島の温泉(のぼり雲)に立ち寄りアカスリと食事でリラックス。帰宅後アジの刺身と干物を作り、イシモチは蒲鉾にしました。越乃寒梅で一杯やりながらのアジの刺身は最高です。

今回は1980年代にお世話になった人と久しぶりの再会から金沢八景からの釣りになりました。
1983年に会社を創業しその頃に米国のハイテクを日本に販売していた会社と代理店契約をすることからビジネスを始めたのですが、昨年はその頃一緒に働いていた人や取引先だった人に20年ぶりに偶然再会するなど、奇妙な年でした。1983年からバブルが崩壊する1992年ごろまでの10年間はその代理店でビジネスを拡大してきましたが、2002年から今は、自分が米国の会社のの子会社で日本に製品を販売し代理店をコントロールするという逆の立場になりました。まさしくデセンターです。センターを相手にずらすことで過去の経験が活きてきます。私の場合は人脈が隔世遺伝のようで、前の仕事の人脈が次の次の仕事に繋がり、次へは連続性がないようです(笑)。
                   

0 件のコメント:

コメントを投稿