2009/07/16

【Eating-out】コハダの新子

昨年、三崎港の鮨屋でコハダの子供のシンコの鮨を食べたことを報告しましたが、昨日、近所の行きつけの鮨屋でコハダのシンコをいただきました。漢字では「新子」と書きますが、一貫の鮨に3匹の新子が乗ったもので大満足。いつも突然と鮨が食べたくなり予約し会社が終るとすぐに直行というパターンですが、この鮨屋には芸能人やら近所の家族連れやらいろいろな人が狭いカウンターに押しかけるよう来店します。食べもの屋の「コアコンピタンス」は味なのでここは不況でもいつも満員です。店の雰囲気が良いとか、サービスが良いとかは「付加価値」です。
ビジネスでも付加価値を重要視しコアコンピタンスを疎かにすると衰退しますが、この近所の鮨屋に行くとコアコンピタンスの重要性を自然に教えてもらえます。
     

0 件のコメント:

コメントを投稿