2009/08/26

【Arabic】アラビア語とアイガー北壁 [2009年8月25日]


8/25日はテキストP96の演習問題[1]を行いました。このペースの遅さが自分でも信じられないのですが、私にとり

アラビア語を学ぶこと=アイガー北壁を登ること

なものですから一歩一歩時間が掛かります。
アイガー北壁は1800mの壁ですが、もし水平なら20,30分もあれば十分歩ける距離です。しかし、アイゼンピッケルで壁にビバークしながら2・3日かかり登れる人がまれにいるという垂直の壁です。利用しているアラビア語のテキストも250ページ程度のものなので読むだけ(日本語の場合)なら2,3日もかからないでしょう。しかし、演習問題をやりながらですと、週1回のペースでは数年かかりそうです。山岳ガイドは松尾先生ですが、このテキストが終われば、私にとってアイガー北壁を登頂したぐらいの喜びになるのかな、、。

今回9,10,11月分のガイド料を支払いましたので、また3ヶ月間の三点確保(読み、書き、文法、会話)が続きます。

ところで、ワイツマン研究所から面白いレポートが出ていました。

温暖化ガスが砂漠の緑化を促進(PDF)
(NEDOのサイトからPDFが無くなっています:2012.1.17)

このレポートには驚きました。
ちなみに、「ガイア仮説」で有名なジェームス・ラブロックさん海水の藻を利用することを提唱しています。

2006年7月に死海を訪れたときに、ベトウィンで砂漠専門のガイドに死海周辺の砂漠を案内してもらいましたが、

「死海周辺の砂漠には1,000種の花がサバイブしている」

とのことでした。
写真の左は道端に落ちていた枯れ木、写真右はしばらく水に浸したもの(ピンクの花)。

水があれば1,000種の花が咲く

のです。雨季に一瞬で花を咲かせ、子孫を増やす。荒涼とした砂漠の中で1,000種の花は水を待ち、静かに生きているんです(サバイブ)。
もし、死海周辺の砂漠一面に1,000種の花が咲いたら、、、感動でしょうね。
スイスのような観光地になるかも(^^)。

0 件のコメント:

コメントを投稿