2009/09/24

【Walking/Trekking】白山登山とナマステ





ナマステ!

2008年の9月に銚子ヶ峰に登ったときに来年は白山登山を弟家族と約束したので、9/20,21日と山小屋(室堂)に泊まり本格的な登山をしました。白山は富山県、福井県、石川県にまたがる2702メートルの山で富士山、立山と並ぶ日本三霊山です。フランス語で「モン」が「山」、「ブラン」が「白い」で、山の形も似ているため日本のモンブランとも呼ばれています。頂上付近はすでに紅葉が始まり美しい高山の草原、そして夕日、夜の星空、朝日と心を感動させる景色のオンパレードです。平瀬道で登り5時間、下り4時間とハードでしたが、弟の中学生の子供たちもコンデンスミルクを舐めながら無事登頂、下山ができました。私は3日もたつのに足はガクガク、風邪気味で、もう少し足腰の筋肉を鍛える必要がありそうです。

※写真は雲海と日の出(Clickすると拡大)

そして時期同じく栗城史多(くりきのぶかず)という27歳の若者がチョモランマ(8848m)の単独無酸素登攀に挑戦中ですが、無酸素とは驚きです。2000メートルを超えると空気が薄くなり疲れが倍増しますが、8000メートルを超える山々で単独無酸素登攀とは、、。プロフィールに元ニートとありますが、命を大切にして欲しいものです。そして自らの登頂をビデオに収め、登攀プロセスのblogを更新しています。その映像の美しさに感動しますよ。

ダウラギリ(8167m)の頂上映像

ナマステとは

今日はアラビア語(木曜日)でしたが、風邪気味なのでお休みしました。
           

0 件のコメント:

コメントを投稿