2009/10/27

【Eating-out】久しぶりのフレンチ「ル・ブルギニオン」

10/26日は2009年2月19日のシェ・ピエール以来久しぶりにフレンチレストランに行きました。レストランというよりビストロですか。西麻布3丁目(テレ朝通り沿い)の「ル・ブルギニオン」というお店です。ジビエの季節ですし、内臓がおいしいらしいのでここにしました。フレンチビストロも自ら経営する嶋啓祐さんが褒めていますが、ブルゴーニュワインの品揃えが豊富のようです。メインで小鳩のローストか内臓料理か悩んだのですが、菊地美升シェフの得意な臓物料理はコースの2皿目のフォアグラを豚の血と背脂をミンチにしてテリーヌ状に仕上げたものにしてもらいメインは小鳩のローストにしました。ついでに菊池シェフの書いた本も2冊(「60本のブルゴーニュワインに捧げる60皿の料理」、「1つの料理からひろがるフレンチ―「ル・ブルギニオン」の家庭料理」)もサイン入りで買いました。「この本のとおりに作るとこんなところに来なくて済みますか?」と聞きましたら、菊池シェフ曰く「23年かかりましたが、、」とのことです。2009年にはミシュランの1つ星。料理は奥が深いですね(笑)。 

久しぶりのフレンチのコース。
たまにはいいものです。
デザートのモンブラン、栗のうまさが凝縮。
おいしかったー。
        

0 件のコメント:

コメントを投稿