2010/03/12

【Arabic】アラビア語の作文と電子出版[2010年3月11日]

3/11日の実践アラビア語講座はテキストP106[6]のアラビア語作文です。前半は木曜日のクラスの人たちの男性/女性数詞の講座に付き合ったので、作文は3つぐらいしかできませんでした。アラビア語の作文は次週に続きます。アラビア語の数字はインド数字で、1,2,3のアラビア数字はアラビア語では使いません。文字伝達の歴史的な流れからでしょうが、呼び名がややこしいですね。

ところで、今日の実践アラビア語講座は机がありませんでした。教室のポルトリブレが「アインシュタインが残した最後の遺産~遥か太古の宇宙を見渡す千里眼重力波望遠鏡~」の展示で、机の上に機械が一杯。pm8:00からはアラビア語で借りているはずなのに、なぜか使うことができません。松尾先生に場所を借りている家賃を払っていなのかと訪ねましたが、払っているそうで、机を使えない連絡をもらったのも、当日の夕刻のようです。こういうのは本当に困ります。先に約束してある方を優先するのが一般常識です。仕方なく展示されている机の空きスペースを使い惨めに勉強しました。来週の水曜日まで展示らしいのですが、月曜日、火曜日の生徒の人たちも怒りませんかねぇ。それまでに改善されることを祈りつつ。

さて、実践アラビア語講座で利用しているテキストを「オープンシステム」として日本語化するプロジェクトに朗報です。2010年は電子出版元年で、著者が編集者であり、出版社になれる仕組みが続々と登場します。もう権威主義の出版社を相手にしなくてもいいのです。この実践アラビア語講座に参加する人でボランティア精神のある人に声を掛けて、参加していただけるならプロジェクトを開始したいと思います。
                        

0 件のコメント:

コメントを投稿