2011/01/05

【Fishing】釣り初め、カワハギ


1/2日は大潮、波は高くなく、釣り日和なので、久しぶりに東大井の「船宿いわた」からカワハギ釣りに出かけました。三浦半島から出航のときはレンタカーを借りますが、東大井のときはタクシーを利用します。釣り舟は朝7時、7時半などに出航で、船宿には30分から1時間前に入る必要があるため朝が早く、レンタカーを借りて行く場合は、夕方の帰りに強烈な睡魔に襲われます。特に首都高に入る手前の渋滞時の睡魔との闘いはつらい。東大井からはその心配はないのですが、観音崎などの魚場まで1時間ぐらい船で揺られます。

船中の部屋でごろ寝をし、いよいよ魚場に到着。アサリをつけて釣りだしましたが、あたりがさっぱり。1時間たっても、2時間たっても釣れません。船の周りの人たちは続々と釣りあげ、歓喜が溢れます。隣のワイフまで巨大なカワハギをGET。後で測ったら27cmの大物です。そして+2匹目も釣りあげました。もう諦めかけたときにおにぎりとカップラーメンの昼食をゆっくりすませて、気分を変えて再度挑戦。餌のつけ方や、竿の振り方などを少し改善したら、ついに来ました、1匹、2匹、3匹ここでワイフに追い付く。結局4匹。形は小さいですが夕食には27cmのカワハギは肝醤油で刺身と6匹の小さいものは煮付け、と3人分何とかなりました。釣れないと顔も暗くなり、ますますマイナスのスパイラルに陥りますが、一旦プラスに転ずるとウキウキ気分です。釣りも仕事も、人生もこんなもんでしょうか。

今年も不況は続くでしょうが、

「大型の商談は少なく、小型の商談が多い」

のではないかと、予感する釣り初めでした。
      

3 件のコメント:

  1. 釣りで今年を占う?
    大型も釣りたいでしょう。。。
    仕事も同じ。
    頑張りましょう!

    返信削除
  2.  ぬははは・・・・
     釣りで今年の経営を占うとは・・・
     小型と決めつけずに、大型にも充分窓口を開いておいて下さい。

    返信削除
  3. 近いうちにリベンジが必要そうですね。

    返信削除