2013/07/02

【Eating-out】墓参りと小浜

6月29、30日とお盆を前にして故郷へ墓参りに行って来ました。毎回家族で小旅行を兼ねているのですが、2010年は下呂温泉2011年は富山の金太郎温泉2012年は金沢、そして今年は若狭を選びました(写真は小浜市から若狭湾に沈む夕日を写したもの)。
いつものように、墓掃除と墓参りを済ませ、昼食で長良川の若鮎の塩焼きと鰻をいただきました。今年は長良川の天然鰻は獲れなかったため、残念ながら三河産でした。
通常、鮎の踊り串は口から刺すようですが、「さくら」では鯵のように左目から刺してありました。それでも魚の脂が目から流れ焦げていないので、焼きを右側から行うのでしょうか。

 午後は小浜に移動し、温泉付きのトラフグの宿で、若狭湾の夏の養殖トラフグ三昧(若狭湾は穏やかな海なのでトラフグの養殖が盛ん)。小浜市は福井名物の浜焼き鯖小鯛の笹漬け発祥の地なので、土産に購入。
 
 翌日は、井伊直弼藩主だった彦根城に移動。ひこにゃんでも見ようと思いましたが、車椅子では移動が無理で入場できず、楽々園を見学。


 鮒鮨がメニューにある店を探して、はじめての鮒鮨。少し醤油をつけるとさらに美味しく、酸味も食べ慣れると癖になる味です。

 この2日間で食べた魚は、

 鰻、若鮎(昼食)
 トラフグ、若狭湾の地魚(夕食)
 鮒鮨(昼食)
 浜焼き鯖(夕食)

 満足、満足。

0 件のコメント:

コメントを投稿