2012/01/17

【Ski】10数年ぶりのスキー

1月12、13、14日と越後湯沢にスキーに行きました。川端康成の「トンネルを抜けるとそこは雪国だった」の通り、新幹線で高崎を超えると、長いトンネルがはじまります。途中一部で村の景色は見えますが、すぐにトンネル。そして越後湯沢に着くと真っ白な雪、雪、雪の世界です。

生まれ故郷の町内(岐阜県郡上市白鳥町)にスキー場があり、冬の日曜日はスキーぐらいしか遊びがなく、近くのスキー場にはよく行ったものです。滑り方は誰に教わった訳でもなく、見よう見真似で覚えて行きました。

名古屋に住んでいた頃、家族で「油坂スキー場」や「鷲ケ岳スキー場」に行って以来のスキーでしたが、以前の感覚を覚えているかどうか心配で、最初はファミリーゲレンデの「一本杉スキー場」から始めました。幸いにして天気も良く、1日目は平日の金曜日ということでガラガラ。ワイフはスキー教室でマンツーマンで先生に手ほどきを受けています。

越後湯沢は12ほどのスキー場が散在しており、ホテルに無料バスが巡回してくるので、いろんなスキー場を楽しめます。少し馴れて来たので、翌日は「NASPAスキー場」へ行きました。越後湯沢のスキー場でスノボー禁止スキー場がNASPAです。生憎2日目は雪がチラツキ、前日降った新雪が30cmぐらい積もっています。ここでは中級コース、午後から上級コースを挑戦してみました。ワイフもマンツーマンの指導のお陰か、初級コースをボーゲンでしっかりと滑れるようになりました。

最終日の14日は午前中のみ「GALA」へ。GALAはJRが経営しているようですが、駅とゴンドラが一体になっており、ゴンドラで標高を一気に上げたところにスキー場があります。北風の吹く斜面のためか、雪の質がすごく良い状態で、軽くて細かいパウダースノーです。ゴールデンウィーク頃まで滑れるらしく、人気のスキー場です。


帰りはゴンドラに乗らず2.5kmを滑って駅まで降りるコースもあるようですが、今回は時間がなく諦めました。越後湯沢は東京から新幹線で1時間半で着く便利なところです。
そのうちツェルマットグリーンデルヴァルト周辺のコースも滑りたいものです。


0 件のコメント:

コメントを投稿